レーザー脱毛

レーザー脱毛施術の効果とメリットとは

皮膚科や美容クリニックで行われている医療レーザー脱毛は、多くのメリットがあります。 カミソリや毛抜き、脱毛クリームなどを使用したムダ毛の自己処理は、肌荒れの原因となることが多いのですが、医療レーザーによる脱毛は、毛根の部分のみにレーザーを照射するために、肌に刺激を与えないので、トラブルが起こりにくい上に、永久脱毛法であるニードル脱毛よりも、痛みは非常に少ないという特徴があります。
皮膚へのダメージが少ないため、敏感肌や乾燥肌などの肌トラブルを抱えていても、悪化させることなく、脱毛施術を行うことが可能です。 医療レーザー脱毛に使用するレーザーは、毛に含まれるメラニンにエネルギーが集中し、そこで熱が発生することで毛母細胞が破壊されるために、短期間で高い脱毛効果を得ることができます。 エステサロンで行われている光脱毛は、毛以外の皮膚にも熱エネルギーを与えてしまうため、やけどが起こる可能性があるので出力を高くすることができず、脱毛効果が弱いのです。

医療レーザー脱毛による効果は、脱毛効果だけではなく、レーザー照射の回数を重ねると毛穴が小さく引き締まり、肌理が整い細かくなるので肌がツルツルとしてきます。また、肌のくすみやざらつき、肌の黒ずみなどの色素沈着が薄くなって美白効果も得られます。わき脱毛では、アポクリン腺にも熱ダメージを与えるようで、わきがも改善できるようです。 レーザー脱毛に使用されるレーザーは、色素沈着やシミを解消したり、ニキビなどの炎症を治療する目的でも使用されているため、様々なメリットがあるのです。

レーザー脱毛と自己処理、それぞれのメリットとは

身体にあるムダ毛の処理が大変だと思っている方も多いのではないでしょうか。腕や脚、ワキ、自分では見えない背中など、特に薄着になる季節は気をつけなければならない場所が多くあります。 脱毛にはサロンや医療機関で行うレーザー脱毛と、自宅で自分で行う自己処理があります。それぞれのメリットは何でしょうか。 レーザー脱毛は医療機関やサロンで行う脱毛法です。黒い部分に反応するレーザーの光を当てることで、毛や毛根や周りの組織にダメージを与えることで毛の再生能力が失われます。

レーザー脱毛のメリットは痛みが少なく、施術時間が短いことです。両脇なら10分程度で終わります。また、肌に対しての負担が少なく、デリケートな肌を傷めることはないのです。それどころか美白、美肌に効果があるのです。永久脱毛ならその後の処理はほぼ不要になるので楽です。 デメリットとして、通うのが面倒だったり、毛の量によっては期間がかかる場合があります。 自宅で行う自己処理は剃る、抜く、脱毛テープ、脱毛クリームなど様々な方法があります。自己処理のメリットは、自宅で行えるためサロンに通う必要がないことです。

見られるのが恥ずかしい部分を見られることもなく、剃るだけならすぐに済ませることができます。ただし、間違った自己処理では肌荒れや黒ずみが起きたり、きれいに脱毛できてもすぐに生えてくるというデメリットもあります。せっかく脱毛しても肌を傷つけてしまっては意味がありません。レーザー脱毛は肌への優しさも兼ね備えた脱毛法なのです。 背中の埋もれ毛のケアはどうすればいいでしょうか? そもそもなぜ背中に埋もれ毛ができるのかといいますと、毛抜きでムダ毛を抜いたときに毛穴が引っ張られて傷が付いてしまい、その後それがかさぶたになって毛穴が硬くなってしまうために、新しく生えてきたムダ毛が皮膚の中に伸びてしまうからなんです。 では、背中に埋もれ毛ができた場合はどのようにケアすればいいのかというと、お風呂上りにピーリング効果のあるローションでごしごし拭きとるのがいいと思います。 または病院の皮膚科に行くという手もあるのですが、お金がかかりますので手軽にできるピーリング効果のあるローションで取るのがお勧めですね。 くれぐれも毛抜きを使うときには用心してくださいね。 脱毛サロンは今はとても安い!脱毛完全ガイドでキャンペーンやランキング情報をチェック!

医療レーザー脱毛を選ぶ理由はエステでの脱毛でのトラブルにある

毛が生えてこない状態にするって、ちょっと身体に負担かからないのかな、、、なんて思ってしまいますよね。脱毛によってトラブルが起こることって多いんじゃないかな、、、ってやっぱり思ってしまいます。 エステで脱毛したことでの肌トラブル。トラブルは以前より減っているのではないでしょうか。 理由としては、ニードル式の施術が減ったこと。ニードル式の脱毛は、針に電気を走らせ毛根を破壊する方法です。技術的にまだまだ低かった頃なので、肌トラブルが止まらないほどでした。施術後に腫れ上がって、熱がこもったままだったり、ワキの脱毛の場合は腕にしびれがきたというひともいるほどでした。 現在、エステで使われているのは光脱毛という方法です。エピレ脱毛 顔でも使われている方法です。 これは光によって毛根を破壊する方法。この光の出力が高いものがレーザー脱毛となり、医療機関のみで扱われています。よって、エステで使用されている機械は出力が低いものとなるのです。肌トラブルが起こらないよう、出力が低い機械で施術するよう決められています。肌トラブルを避ける脱毛方法としては、実はエステの方法が一番適していると言えるのです。